写真

初心者向け「写真の撮り方」アイデア|映り込み、反射

今ではスマートフォンで一眼レフに負けないくらいの写真を撮ることができます。そこで、今まで写真はあまり撮ってこなかったけどこれから始めたい方に今回は映り込み(反射)の撮り方をご紹介します。

映り込みとは?

日常生活をしている中で、町にある鏡やガラスといった反射するものに風景や人の姿が反射して映り込んでいることがありますよね?映り込み写真とは、その映り込みを利用して写真撮影をすることを言います。

映り込みの作例、撮り方

では、実際にどんな映り込み写真があるのか紹介していきます。

  • ガラス
  • 水溜り(水面)

鏡による映り込み

車のサイドミラーを利用して後ろに見える景色を撮ります。ミラーから見える景色ははっきり見ることができますがミラー以外の景色はボケて見えます。車の走行中に取ることで、周りの景色とミラーの景色で差を生み出すことができ、映り込みを強調できます。

ガラスによる映り込み

待ちを歩いていればいろんなところにガラスが使われています。車、ビル、家など。普段は気にもしないですがこのようなガラスも少し見方を変えるだけで映り込み写真の材料になります。

ただし、ガラスは鏡と違ってきれいに反射しない時があるので様々な角度から見てください。

水溜り、水面による映り込み

今回のブログの冒頭でも貼っていますが、ちょっとした水溜りや池、湖を利用します。水溜りを日常生活では上から覗くように見ますが水溜りのギリギリまで視点を落とすことで、水溜りの先に見える景色が映り込みます。角度によって映り込む範囲が変わるので探りながらいい角度を見つけてください。

まとめ

映り込みの撮影方法を3つあげました。それぞれ、角度を変えることで見え方も大きく変わります。いろんな角度から試し撮りしてみてください。

他にも撮り方があるので後日紹介したいと思います。お楽しみに!

 

Instagramで日常生活の写真やちょっとした動画を投稿しています。

Instagram

-写真
-, ,

Copyright© 気まぐれ男子(kenji)のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.