旅行計画術

カメラとぶらり

バックパッカーとして8日間でヨーロッパ6ヶ国を巡った僕が、計画方法教えます!

kenji
こんにちは、kenjiです。

2019年8月末。
僕がバックパッカーとしてヨーロッパを旅行したとき、8日間で6ヶ国(イタリア、フランス、スイス、ドイツ、オーストリア、バチカン市国)を巡ったときの計画方法を教えます!

なやみ

・旅行計画がうまく立てられない。
・どうやって計画を立てればいいかわからない。
・コツってあるの?

と疑問をかかえている方の悩みを解決できる記事になっています。

以下の計画表はヨーロッパ旅行するにあたって僕がメモした内容の一部です。
当日使用した計画表はもっと細かくパターン分けされています。

メモ

 

8/19  17:15 発 成田空港
21:20 着 香港国際空港8/20  01:05 発 香港国際空港
07:30 着 マルペンサ国際空港(ミラノ)

バスor 電車でミラノ市内まで 約30~40 分・パターン1
ミラノ観光(トリノ観光でもOK)

夜行列車でパリへ (11h)安いが少しお金取られる
ミラノ発 23:10

パリ着 09:37

・パターン2
8/20  鉄道でパリへ (7h30m 乗り換えが必要な時は8h30m)
パリ着 (16 時以降)
パリから少し離れたところへ行き宿泊?(治安、値段的に)8/21  パリ観光→8/21  朝(9 時,10 時) パリ着
候補(エッフェル塔、ルーブル美術館、凱旋門、ノートルダム宮殿、シャンゼリゼ通り)順路(駅から近い順)
ノートルダム宮殿

ルーブル美術館

シャンゼリゼ通り+パリサンジェルマン店

このメモを見ると適当に見えるかもしれませんが、メモをもとに自分や友達が見やすい旅行計画表にしていくので大丈夫ですよ!

この記事では、僕がヨーロッパ旅行を1人で計画した方法、普段の旅行計画で行っている方法を話していきます。
「計画のコツ!」を知りたい方は、じっくり読んでくださいね!

 

旅行計画 step1:最初にやる案出し!

旅行計画

まず、どこに旅行に行きたいかを大まかに決めますよね?(例えば、ハワイ、東京、ヨーロッパのどこか、など)
行きたいところがあるということは、行きたいところもいくつかあるのではないでしょうか??

細かく行きたいところがある方は、ノート(スマホのメモ帳)などに書き出してみましょう!!
特にない方も、調べていってみたいと思ったところを書いておきましょう!!

「ここもいいな!あそこもいいな!」といろんなところを探してみましょう!

ここで、書き出すときのポイント!

  • 行きたいところを細かく書き出す!(例:東京スカイツリー、ダイバシティ、渋谷LOFT)
  • 行きたいところに自分の中で順位をつける!(例:1位LOFT、2位スカイツリー、3位ダイバシティ)
  • 順位がつけられなければ候補を決めておけばOK!
ここまで、できれば旅行計画の最初にやることは終わりです!
次に行きましょう!!

旅行計画 step2:現実的に観光できるルートを考える!

旅行計画:ルートの案出し

行きたいところの順位・候補がある程度出たら、次は現実的に観光できるルート(つまり、どのように回れば効率よく行きたいところに行けるのか)を考えます。

当たり前ですが、移動に掛かる時間がわかれば、観光時間、遊ぶ時間もわかりますよね!

この記事の冒頭でお見せした旅行計画のメモでも書いています!

メモ

候補(エッフェル塔、ルーブル美術館、凱旋門、ノートルダム宮殿、シャンゼリゼ通り)

順路 駅から近い順
ノートルダム宮殿

ルーブル美術館

シャンゼリゼ通り (パリサンジェルマン店)

凱旋門凱旋門

エッフェル塔エッフェル塔((若干距離あり若干距離あり)

僕の場合は、駅から近い順、自分達が行きたい順、最短ルートを書き出しました!(示しているのは駅から近い順) 

では、それぞれの決め方などを説明していきます!

駅から近い順をもとにしたルート

行きたいところの候補しか決まってない場合におすすめです!

  • 駅から一番近くの行きたいとこがどこか。
  • それぞれ一番近い目的地までどのくらい時間がかかるかをまとめる。
  • 最終目的地を決める。(元に戻るのか、ホテルに行くのか、など)
ただ駅から近い順にルートを作るだけです。(簡単!)
ルートを考えるとき、駅に戻ってくるならなるべく駅から離れないようにするか、駅に戻るように帰りのことも考えてルートを決めましょう!

自分達が行きたい順をもとにしたルート

行きたいところに行ければいい場合におすすめです!
これは一番簡単にルートを決められます。

  • 絶対に行きたいところまでかかる時間をまとめる。(複数あるならそれぞれのルートも)
  • 最終目的地を決める。(元に戻るのか、ホテルに行くのか、など)
とにかく行きたいところまでどのくらい時間がかかるのかがわかれば、滞在時間もわかりますね!
いろんなとこをは回れませんが目的は確実に達成できます!

最短ルート

観光時間、遊ぶ時間をなるべくたくさん欲しい場合におすすめです!
ただし、絶対に行きたいところがあるなら、それに時間を多く取れるようにルートを決めましょう!

  • 出発地から最終目的地に行くまでの最短ルートをまとめる。
  • 絶対に行きたいところがあるなら、そこに向かうようなルートを考える。
  • 目的地に行くまでルートで寄り道ができそうなところをまとめる。

当たり前ですが、この方法が一番効率がいい!
ですが、目的の観光場所以外はそんなに見れない可能性があります。

旅行計画 step3:リスクヘッジをしよう!

旅行のリスクヘッジ

行くつかルート(計画)が決まってきたら、次はもしものことがあった時にどーするかを考えましょう!(リスクヘッジ)

旅行では何が起こるかわかりません。計画していた通りにいかないこともたくさんあります。

僕の体験談ですが

メモ


ヨーロッパ旅行中、オーストリアを観光した後にイタリアのヴェネツィアへ行く予定でしたが、そこだけリスクヘッジをしていませんでした。
僕の中では朝に寝台列車の予約をすれば大丈夫と思っていました。しかし、その日の寝台列車は満席で予約が取れませんでした。(予約できるつもりでしかいなかったので大焦り。)
オーストリアでホテルに泊まる方法もあるし、寝台列車ではない早い電車でヴェネツィアまで行ってホテルの泊まるもあるとその時考え、結果ヴェネツィアでホテルに泊まりました。
ここで、もしも僕が予約を事前にしていればと悔やんだとしても、時すでに遅しです。
予定では大丈夫、頭の中では大丈夫と思っても、そんな簡単にうまくいきません!

旅行計画で大切なのは、もしも何かがあった時を事前に考えておくことです!
ルートが決まったら次は、もしもを考えていきましょう!

旅行計画 last:見やすいように清書しよう!

計画の清書

さて、これまでまとめた行き先、ルート、リスクヘッジを自分や友達が見やすいように清書しましょう!
まとめ方は人それぞれで大丈夫ですが、旅行中の流れが見やすいようにしましょう。パッと見たときにすぐにわかれば完璧です!

旅行計画片手に楽しく、安心な旅行にしてくださいね!

 

-カメラとぶらり
-, , , , , , , , ,

Copyright© 気まぐれ男子(kenji)のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.