バックパッカーの持ち物と費用

カメラとぶらり

バックパッカーとして8日間でヨーロッパ6ヶ国を巡った僕が、持ち物と費用教えます!

kenji
こんにちは、kenjiです。

2019年8月末。
僕がバックパッカーとしてヨーロッパを旅行したとき、8日間で6ヶ国(イタリア、フランス、スイス、ドイツ、オーストリア、バチカン市国)を巡ったときの持ち物と荷物にかけた費用を教えます!

なやみ

・荷物にどのくらいの予算・費用が必要?

・荷造りの仕方は?

・必要なものってなに?

と疑問をかかえている方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事では、僕が実際にしたこと、つまずいた点なども話していきます!
さらに、「必ず準備する持ち物8項目、準備段階で必要な費用」を全て教えます!

注意:春から秋にかけての方法です。冬はおすすめできません。

必要な持ち物

旅行準備

この記事では短期間でいろんなところを巡りたい方に必要になる持ち物を紹介します!

実際に掛かった費用の中でも、今回は初期費用である荷物について話していきます!

確認すべき必須項目

1.パスポート
2.リュックサック
3.衣類
4.歯ブラシ・洗面用具等
5.電子機器・ガジェット等
6.カメラ類
7.セキュリティポーチ
8.小物


実際に持ち物にかかった費用と予算

メモ

1.パスポート:1万千円
2.リュックサック:3~6万円
3.服装:1~5万円
4.歯ブラシ・洗面用具等:数千円
5.電子機器・ガジェット等:6万円
6.カメラ類:10~30万円
7.セキュリティポーチ:数千円
8.小物:数千円

合計:23~50万円

安く見積もってもこのくらいはかかりましたね。。。
僕が実際にかかった費用の詳細は28万円ほどでした。
これに加えて飛行機代、ホテル代、電車代などもかかってきます。
ただし、費用が高い原因は、「カメラ類」なのですでに持っている人やスマホでいいよという方は、10万円くらい安く荷物は準備できますよ!!
それでは、僕が持って行った荷物を紹介していきます!

バックパッカーとしての荷物:パスポート

パスポート

これはもう当たり前ですね!w
言うまでもありません。パスポートです。

当たり前なことですがパスポートは飛行機のチケットを取るときにも必要になってくるものです。
パスポートの発行には少し時間がかかります。
飛行機のチケットを取るときに手元にあるように、あらかじめ準備をしておきましょう!!

バックパッカーとしての荷物:リュックサック

旅行用リュックサック

バックパッカーとしてリュックサック(バックパック)を選ぶ際に考えるべきことがあります。

  1. 機内にバックを持ち込むか
  2. 腰・肩への配慮がされているか
  3. 荷物の出し入れがしやすいか
これらの3つの項目を考えた上でリュックサックを選んでくださいね!
僕が使用していたリュックサックとおすすめのリュックサックも紹介しておきます!

1.機内にバックを持ち込むか
まず、自身のリュックサックを機内に持ち込む際は、飛行機によって持ち込める重さ、大きさが決まっています。あらかじめ、調べておきましょう!
機内に持ち込まない方は、大きなリュックサックで大丈夫です!が機内に必要な荷物を持ち込む際にトートバッグなどがあると便利です!
2.腰・肩への配慮がされているか
一日中リュックサックを背負っていることもあるため、腰・肩への負担が少ないリュックサックをおすすめします。
もし、旅行先でリュックサックをコインロッカーなどに入れておく方は、考えなくてもいいかもしれませんが、少しは負担が軽減されている方がいいです。
3.荷物の出し入れがしやすいか
旅行先では荷物の取り出しやすさが意外と重要です。
リュックサックの奥に入れたものが後になって必要になったとき、もし、上からしか取り出せない構造だったらストレスになりますよね?
バックパッカーはただでさえ疲れるので、荷物の出し入れでストレスがかかるとよくありません。
リュックサックの構造は荷物の出し入れがしやすいかを考えましょう!

僕が使用したリュックサック:Douchebag The Hugger 30L

created by Rinker
¥24,200 (2021/01/27 04:02:16時点 楽天市場調べ-詳細)

僕は一眼カメラと動画撮影に使うスタビライザーを持って行ったので、機材が壊れないように荷物は機内に持ち込みました。
そのため、機内持ち込みサイズに収まるカバンとしてDouchebagのThe Hugger 30Lにしました!

Douchebagの特徴としてはカメラように中に仕切りをつけれるところです。
ただし、お土産はキーホルダーなど、小物系しか買えません(^-^;

カメラ機材で重く、肩・腰への負担はありますが、基本的にはコインロッカーに使わない機材は置いて、必要な機材のみで回ったので、肩・腰への配慮はしませんでした。

おすすめリュックサック:大容量&負担軽減

「機内に持ち込まなくてもいい」という方や「とにかくたくさん持てて、負担が少ない方がいい」という方にはグレゴリーのリュックサックをおすすめします。

お土産などもたくさん買いたいのであれば、これだけ大きい方が安心です!

僕の友達はグレゴリー75Lと同じくらい大きいリュックサックでバックパッカーしました。

おすすめリュックサック:無難&負担軽減

ノースフェイス レディース バックパック・リュックサック バッグ Cobra 60L Backpack Fiery Red/Tnf Black

機内に持ち込まなくてもいい」という方や「ある程度たくさん持てて、負担が少ない方がいい」という方にもグレゴリーはおすすめですが、ノースフェイスの大きいリュックサックもおすすめです。

75Lまでは大きくなくても、これだけ大きいリュックサックなら荷物が少し多くなっても問題ないでしょう!

バックパッカーとしての荷物:衣類

衣類

汗をたくさんかくこともあるので着替えは必要ですし、靴やタオルなども必要になりますね!

ますは、僕が実際に持って行った衣類を紹介します。

メモ


・Tシャツ×10枚 (ドンキホーテで200円/枚)
・半ズボン×5枚 (ドンキホーテで500円/枚)
・長ズボン×3枚 (GUで2000円/枚)
・靴下×10足 (ドンキホーテで1000円)
・タオル×4枚 (値段不明)
・パンツ×10枚 (ドンキホーテで2000円)
・スリッパ
履いていく靴を除けばこんな感じですね!
僕の場合は夏だったのでTシャツだけで大丈夫でしたが、春や秋にバックパッカーを使用と考えている方は、ちょっとした羽織ものやアウターを持っておいた方がいいでしょう!
パンツやTシャツがちょっと多い理由としては、飛行機に乗っている時間も含めると10日間だったため、飛行機内で着れるきれいなTシャツ、下着を用意しておきました。

安く抑えられるものは安く!:Tシャツ&ズボン

Tシャツやズボンなど、安く抑えられるものは安くしておいた方がいいです!
一日中汗をかくこともありますし、リュックサックとこすれて毛玉になることもあります。捨ててもいいようなTシャツ、ズボンで行く方が、服のことを気にしなくていいため安心です。
すでに持っているいらない服や僕のようにドンキホーテ、ユニクロなどでもいいでしょう!

海外行くならスリッパ持参!

飛行機の中や旅行先のホテルにスリッパはあると思いますが、ぺったんこなんですよね。(^-^;
ぺったんこのスリッパは逆に疲れてしまいます。

靴を履いていても足が疲れます。

靴を脱いで、ゆったりできるスリッパを履いている方が負担がかかりませんね!

歩きやすい靴で!

旅行に行くときは

  • 防水の靴
  • クッション性が高い靴
  • サイズがちょうどいい靴
を探すことをおすすめします!
防水機能がいらないのであれば、クッション性とサイズ感を重視し、
クッション性がいらないのであれば、防水機能とサイズ感を重視して
合わせる方がいいです!

海外旅行で必要な歯ブラシ・洗面用具!

洗面用具

メモ


・歯ブラシ
・歯磨き粉
・旅行用シャンプー・リンス
・旅行用ボディーソープ
・洗顔
・髭剃り
・ボディーペーパー
・(コンタクトケア用品)

歯ブラシや洗面用具等は安物でも、使いたいものを使っていただくほうがいいです!

旅行用のシャンプーやボディーソープなどが売られているので、それを持っていくことをおすすめします。
理由として、ホテルにないところ、肌に合わないものがあるからです!
日本のものを使う方が安心して使えます。

 

髭剃りは電動でもいいですが、替え刃がついているカミソリでもいいと思います。使いやすい方を使うことをおすすめします。

フィリップス PHILIPS メンズシェーバー「シリーズ5000 ウェット&ドライ」[回転刃/国内・海外対応] S506005

フィリップスのシェーバーは海外も対応しているので安心して使えます。

海外旅行で必要な電子機器・ガジェット等

電子機器・ガジェット

メモ


・変換プラグ
・変圧器
・モバイルバッテリー
・イヤホン
・ポケットWiFi
・(パソコン)

旅行するにあたって、スマートフォンやWiFi、カメラなどを使用するためにも「電子機器・ガジェット類」はそろえておくべきです!

変換プラグ&変圧器

海外と言ったらコンセントの変換プラグが必要になってきますね!

変換プラグにはAタイプ・Bタイプ・Cタイプ・Oタイプ・BFタイプなどがあります。あらかじめ調べておきましょう!

タイプを調べるのがめんどくさい方、他の国も行くかもしれないという方はマルチタイプや高機能タイプを買っておくといいでしょう!

また、変圧器を別途買うのは大変ですよね?
いまは、変圧器不要の変換プラグがあります!そちらを購入するといいです!

モバイルバッテリー

旅行にモバイルバッテリーは必須ですね!
スマートフォンやポケットWiFiなど緊急で充電したいときに必要です。

大容量のモバイルバッテリーをおすすめします!

イヤホン

イヤホンはBluetoothか有線どちらでもいいと思いますが、個人的にはBluetoothの方がコードが絡まらないので、ラクだと思います!

僕の場合はBluetoothも有線もどちらも持っていきました。
Bluetoothの充電が終わったら有線に切り替えるために。

ポケットWiFi

ポケットWiFiはいろんな会社から借りられますね!
僕がヨーロッパ旅行をしたときは、イモトのWiFiを使用しました。

海外でポケットWiFiを使うときはリセットされる時間を把握しておく必要があります!
僕の場合は日本時間の12時でリセットだったので、夜に通信制限になると次の日の夕方まで引きずってしまい大変でした。

パソコン

パソコンは持って行っても行かなくてもどちらでもいいと思います。
バックパッカーしながらパソコンで作業したい方はあったほうがいいですが、荷物も多いので壊れないように気をつけなければいけません。

思い出を残すためのカメラ機材!

カメラ機材

メモ


・一眼カメラ(一眼レフ or ミラーレス一眼)
・ズームレンズ
・(広角レンズ)
・SDカード
・バッテリー (複数あった方がいい)
・三脚
まず、一眼カメラを持っていくならこのようなセットがいいです!
一眼カメラではなくアクションカメラを持っていく場合は以下のようなセットがいいでしょう!

メモ


・アクションカメラ(GoPro/OSMO Action)
・マイクロSD
・バッテリー (複数あれば安心)
・(アクションカメラ用自撮り棒)

一眼カメラ

今からカメラを買おうと考えている方は、Sony a6600というミラーレス一眼をおすすめします!
おすすめする理由は

  1. 一眼レフよりも軽い!
  2. APS-C機なので値段が安い!
  3. 写真・動画の機能が優れている!
初心者でも使いこなせるカメラ、性能がいいカメラなのでこれから買う方にはおすすめです!!
ちなみに、僕はcanon eos m100を持っていきました!
参考程度にどうぞ
EOS M100 ダブルズームキット ホワイト

ズームレンズ

sony a6600で使える高倍率ズームレンズです。
基本的にa6600をレンズとセットで買うとこちらがついてくると思いますが、このレンズ1本あれば基本的に大丈夫です!

広角から望遠まで、これ一つでカバーできます。

広角レンズ

広角レンズ(今回表示しているのは超広角レンズです。)は室内、景色、Vlog、自撮りをするときに非常に役に立ちます!!

「目で見る範囲よりもちょっと広く収めたい!」という方は必須です!!

SDカード

カメラを持っていくならSDカードが必要ですね!

写真だけ取るなら64GBあれば十分ですが、動画も取りたい!という方は128GBのSDカードを持っていけば安心です!

カメラを始める方はこれからハマって行くことを考えたら大容量のSDカードのほうがおすすめです。

一眼用バッテリー

カメラを買うとバッテリーは1つ付属で付いてきます。

しかし、そのバッテリー1つではバッテリー切れがこわいので予備で1.2個持っておくといいでしょう!

旅行中は充電できるときが決まっているので、撮りたいときに撮れるように予備バッテリーは必要です。

三脚

持ち運びに特化している小型三脚です。

カバンの中に入れることができるサイズなので、荷物の邪魔になりません!
ちょっとしたときにすぐに使えます。

アクションカメラ

GOPRO アクションカメラ GoPro(ゴープロ) HERO8 Black 限定ボックスセット CHDRB-801-FW [4K対応 /防水][ヒーロー8 セット ブラック gopro8 CHDHX801FW]

アクションカメラを買うなら、OSMO ActionかGoPro8です。

一眼カメラのように高くなく、動画も写真も十分撮れます!
また、手振れ補正がついているので、走ってもきれいな動画が撮れます!

僕の使った感想ですが、OSMO Actionの方が手振れ補正がしっかり効いています。ただし、画角はGoProよりも気持ち狭いです。

マイクロSDカード

アクションカメラでも動画、写真の容量はかなり使います。

特に4Kや2.7Kで撮影する場合には4時間も取らないでいっぱいになることもあります。
容量は多めにした方がいいです。

アクションカメラ用バッテリー

アクションカメラのバッテリーは1時間から2時間くらいでなくなってしまいます。

旅行をしているとたくさん動画を撮りますが気づかないうちにバッテリーがなくなているため、予備のバッテリーは持っておいた方がいいです。

自撮り棒

アクションカメラを使うなら自撮り棒を持っておいた方がいいです!

3Wayタイプの自撮り棒なら自撮りやタイムラプスもできるので、これ一つでいろいろできます。

パスポート・お金などを守るセキュリティポーチ!

セキュリティポーチ

海外でパスポート、お金、飛行機のチケットがなくなったら困りますよね?

大切な物をリュックサックやサコッシュのようなカバンに入れておくのはこわいです。
服の中に隠して置けるセキュリティポーチでしっかりと守っておきましょう!

僕の友達はカバンを開けられ、財布を盗られそうになりました。ちゃんとセキュリティポーチに入れておきましょう!!

小物類

小物

メモ


・アイマスク
・ネックピロー
「必ず持ってなければいけない」というわけではありませんが、あるとなにかと便利です。
飛行機の中や寝台列車などではあった方がいいです。

アイマスク

外からの光をしっかり遮断できるものがいいです!

僕は100円ショップのアイマスクでいきましたが思っているよりも良かったです。
安く抑えたい方は100円ショップの物でもいいでしょう!

ネックピロー

ネックピローは意外といらないと思われがちですが、あるとないでは寝心地が全然違います!
一度使ってみるのもいいと思います。

持ち物リスト

今回紹介した僕の持ち物を最後にまとめておきます!

参考に荷造りしてみてください!

メモ


1.パスポート
2.リュックサック
3.Tシャツ×10枚
4.半ズボン×5枚
5.長ズボン×3枚
6.靴下×10足
7.タオル×4枚
8.パンツ×10枚
9.スリッパ
10.歯ブラシ
11.歯磨き粉
12.旅行用シャンプー・リンス
13.旅行用ボディーソープ
14.洗顔
15.髭剃り
16.ボディーペーパー
17.コンタクトケア用品
18.変換プラグ
19.変圧器
20.モバイルバッテリー
21.イヤホン
22.ポケットWiFi
23.パソコン
24.一眼カメラ
25.ズームレンズ
26.(広角レンズ)
27.SDカード
28.一眼用バッテリー
29.三脚
30.アクションカメラ
31.マイクロSD
32.アクションカメラ用バッテリー
33.自撮り棒
34.セキュリティポーチ
35.アイマスク
36.ネックピロー
以上、「バックパッカーとしてヨーロッパを巡った僕の持ち物と費用」でした!
いつかバックパッカーとして旅行してみたい方、僕と同じようにヨーロッパを巡りたい方は参考にしてください!
持ち物が完璧になったら次は、計画をちゃんと立てましょう!!

-カメラとぶらり
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 気まぐれ男子(kenji)のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.